スクール教材やマニュアルがいきなりなくなりました。

昨年は色々なことがあり、講師が入れ替わることが多かったのですが、今年には入り、ようやく定着して来ました。

そんな中、残念な(というか腹立だしい)ことが起こりました。保管していた販売用の成人教材数冊と、講師用のティーチングマニュアルが2冊、10月中旬になくなっていることに気付きました。私はかなりの整頓、綺麗好きで、何がなくなったか、何が足りないかがすぐにわかります。初めはマニュアルは誰かが学習用に持って行ったのだろうくらいに気楽に考えておりましたが、いつまでも返却される様子がないため、今まで雇用していた講師に持って行っていないか確認しました。持っているならすぐに返却するようにとも伝えました。

そのうち一人からは「絶対神に誓って僕ではない」と丁寧な返答がきました。もう一人は返信なし。もう一人は「知らない。残念ですね。」との短文メール。

正直、誰が盗んだかなんとなくわかっています。ただ証拠がないから言わないだけです。盗んだ人は、永住権があり、自分でもスクールを開ける人です。そうでなければ盗む理由がないからです。

マニュアルは、販売元に相談し、無料で譲っていただきました。私は平気で物を盗んだり壊しても何も言わなかったり、嘘をつく人は軽蔑します。今後は保管用ロッカーには鍵をかけることにしました。